猛暑日が続いて、庭の植物が続々とやられ始めた話

連続の猛暑日で、庭の植物がちょっとぐったりしています。
とくに、観賞用トウガラシは身がシワシワに。せっかく色とりどりの身をつけていたのに、このまま枯れてしまいそうです。
水をたっぷりやってみましたが、復活するかどうか。
キリンの木も、葉っぱが少しカールしてしまいました。
珍しいオーストラリア原産の木で、大事に育てていたのにこれもこのまま枯れてしまいそうです。
オーストラリアの植物って、どれも変わった葉っぱで、面白くて好きなんだけどいつも上手く育てられません。
気候も日本の高温多湿にはかなり弱いようで、夏になるとほとんど枯れてしまいます。
キリンの木も、実は2代目です。
初代も、夏に枯れてしまいました。
今度こそ、と思って水切れと加湿に気をつけて、風通しがいい玄関の軒下で育てていたけど、やはり暑さが苦手なようです。
去年の夏を乗り越えた、同じオーストラリア原産の木、ソフォラはこの暑さでも新芽がどんどん出てジャングル並みに成長しているんだけどなぁ。
植物も個体差があるので、なかなか育てるのが難しいです。