長子、中学校の文化祭の準備でくたくたのようです

もうすぐ、長子の通う公立中学校で、文化祭があります。
1年生の長子たちは、合唱を披露してくれるそうです。
が、それだけでなく、装飾目的の工作・・・のようなものを熱心に作ってます(先生の指示や、文化祭委員の選考デザインで作るものは決まってます)。
もともと、正解のない工作品のため、作る作業はなかなか大変なようです。
頭を使い、せっせと作業し、なんとか進めているようですが・・・・
どうも、帰宅したら「疲れた。」と言い、すぐに不機嫌になります。
おまけに、のんびり屋さんのために今朝は「帰ったら通信教育の続きをする。」と言っていたのに対し「多分、帰ったら疲れて無理と思うよ。」との助言を無視した結果・・・
「やっぱり疲れすぎて通信教育できない。」とのたまう始末。
ほら、だから言ったじゃん。
たかだか10分~15分程度ですが、毎日継続することに意味があるというのに。
あ~あ。
がっくり。
と、思っていたら「明日、早起きして通信教育する!」と宣言していました。
ふむむ
あんまり期待せずに待ってます。

いつもパンとヨーグルトが売り切れているコンビニ

ちょっとした食料品の買い物だったら、最近ではコンビニでじゅうぶんだと思います。
確かにスーパーやディスカウントストアのほうが値段は安いのですが、お店に行くまでの労力や時間を考えればコンビニで買っても損ではないでしょう。
最近のコンビニはお弁当以外のお惣菜や食品のラインナップも増えたし、何よりどんどん美味しくなってきています。
量も一度で使いきれるパッケージになっていたり、いろいろな点において便利さを強く感じます。
しかし、それでもコンビニはコンビニです。
品揃えに関してはやはりじゅうぶんでないところもあり、そこがちょっと不便に感じる部分でもあります。
というのも、ときどきパンやヨーグルトを買いに行くことがあるのですが、半分くらいの確率で在庫を切らしているんですよね。
なくても困るというものではないのないのですが、せっかく買いに行ったのに、ないとちょっと残念な気分になってしまいます。
基本的にこうしたものは賞味期限が短く、廃棄にしたくないというのもわかります。
時間帯によってはじゅうぶん陳列されているのでしょうが、なぜか私の行くタイミングではないことが多いのです。http://www.fndg.co/aiful/aiful-hensai.html

おばちゃんになって、体のあちこちがぁ……

アラフォー、いやアラサーあたりから体のことばかり気にして生きているような気がします。
昔って、多少の無理をしても別に平気と言うか、翌日のこともそんなに考えずにやりたいことをやっていたように思うのですが、今はすぐに、明日明後日のことを考えてしまいます。
特に体を使うことをするとすぐ休養をとらないといけないと思っていて、暑い場所、寒い場所などにいこうものなら万全の態勢を整えていかないと、全く楽しめません。
普通に歩いているだけでもつまづいたり、ちょっとした段差でぐねっと足をひねってしまい、翌日にもう出来事は忘れているのになんとなくそっち側の腰がいたい。
なに?と思い返してみたら昨日のあれか!ってことがたくさんあります。
青あざもしらないうちにたくさんあるし、突き指とかはずっとなんとなく痛いなぁを引きずっています。
冬になると痛み出す場所も年々増えたし、今後歩けなくなるかもしれないなんて考えてゾッとしています。