(能年玲奈「干されて改名」の全真相 〜国民的アイドルはなぜ消えた?)の記事を観て

NHKの朝ドラは最近観なくなったが、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で主演を務め一躍、日本中の人気を集めた能年玲奈は知って居る。大分前の事であるが所属事務所と能年玲奈との間にトラブルが有り、本名の能年玲奈を名乗れなくなったというニュースを観た覚えが有った。能年玲奈が干されている事を最初に記事したのは「週刊文春」(2015,5)で有ったそうである。月給5万円、経費清算が追い付かず明日のパンツが無いと当時演技指導(滝沢充子)に相談していたという、能年は滝沢充子に洗脳され独立をそそのかされている報道も有ったらしい。月給5万円に付いて所属事務所「レプロ」の言い分は生活すべての面倒を見ている(高級マンション、レッスン代、交通費、その他)上での小遣いが5万円だそうです。良い条件だと思うが・・・能年さんは如何いう金の使い方をしていたのであろうか?どうも、能年玲奈の性格から来ているみたいである、集団生活が苦手(寮のルールを守らない)な女優であるらしい。私もそうであるが連続テレビ小説『あまちゃん』での主演の人を能年玲奈として観て居るのではないでしょうか?能年玲奈と主役の人間は全く違う事を忘れているのでは?芸能界は複雑で分からないが、テレビで観る主役は所属事務所が育てているという事が分かった。「レプロ」と和解し、また、能年玲奈がテレビに出る事を期待したい。

月曜日は仕事が休みですので、夫婦揃って心療内科です。

私達夫婦は、パニック障害という病気です。
私も妻も仕事のしすぎでこの病気になりました。
妻とは、心療内科で知り合いました。
もう心療内科に五年通っています。
三年前にこの心療内科に通いはじめました。
この心療内科に通いはじめてから、薬と先生の
愛称がよく、私は一年前に、社会復帰しました。
まだ、薬にたよっていますが、何とか生活を
しています。
私達夫婦は、目標があります。私達夫婦が
結婚し、普通に生活を出来るようにして、
このパニック障害で結婚や人生を諦めている
人達の生きる勇気を少しでも、多くの患者に
人生を諦めている人達に、生きる勇気、頑張る
勇気をもってもらいたいと思っています。
わたしたちは、結婚やしたときに思いました。
諦めない勇気と病気と向き合う事を証明したい
と思っています。
確かに苦しい病気で、社会生活に負担かかって
いることは、間違いないのですが、人生一度敷かないので少しでも楽しい、頑張れば人生を諦めることは、
ないという事、私達夫婦はで証明したいと強く
おもいまづ。